読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾なし受験道~偏差値72の公立高校合格!!~

公立高校の受験に塾は必要?市販問題集で高校受験を乗り切るための知恵ブログ

合格発表待ちの不安と戦う

ナオの入試が終わりました。

山のようなプリント類や問題集を一切合切捨て,すっきり!!

・・・見た目は。

 

でも,心はすっきりとは言えません。

「今年の入試は簡単だったのか?難しかったのか?」

「合格最低点は何点か?」

「ネットのみんなの点数が高い!!やばい・・・。」

など,様々な思いが交錯します。

 

この期間をどのように乗り越えるかについて考えてみたいと思います。

f:id:withoutjuku:20170218064832p:plain

不安と戦うという経験

高校受験生はまだ若いですから,不安と戦った経験があまりないかもしれません。

でも,これからの人生,不安と戦う場面はたくさんやってくるでしょう。

今はこれが人生最大の恐怖だと思っているかもしれませんが,

やがて,もっともっと大きくて深刻なものを経験します。

その練習だと思って,この経験から何か学び取りましょう。

 

自分が意外と小心者だとういことが分かる人。

自分は肝が据わっていることが分かった人。

不安と戦うための,自分なりの方法を見いだす人。

不安とは何かを身をもって知る人。

 

「自分はこの経験から何を学んでいるだろうか」と考えてみてはいかがでしょうか。

長い目で見る

公立高校は合格発表までの期間が長い!!

私立は当日の晩に分かるところもあるのに。

なんですぐに教えてくれないのか,と思うでしょう。

私もそう思います。

 

今は,数日後の発表が待ち遠しくて仕方がないかもしれませんが,

少し客観的な目で,遠くからこのできごとを眺めてみてはいかがでしょうか。

つまり,人生全体の中のこの高校受験という「点」について考えてみましょう。

 

自分はどんな人間になりたいのだろう。

自分はどんな形で社会の役に立ちたいのだろう。

どのために,この高校に入ることはどんな役に立つだろう。

この高校に入れなかったら,その目標は達成できないだろうか。

 

もっと先を見据えながらそんなことを自問していると,

高校受験が思ったよりも小さな出来事に思えるかもしれません。

どんなに不安でも,後悔しても,合否は変わらない

ナオは,驚くほど今回の結果を気にしていません。

まじめな性格で,一年間ずっと勉強してきたので,

その生活が終わったことが楽しくて仕方がないようです。

制限してきたテレビを見まくって大笑いしています。

 

自己採点をしてみましたが,決して合格確実というような点数ではありません。

不安じゃないの?と聞いたら,こう言いました。

 

「不安だからって合格するわけじゃないからね!!」

 

だれの子!?

我が子ながらあっぱれです。

みんながこんな風にはいきませんけどね(笑)。