読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾なし受験道~偏差値72の公立高校合格!!~

公立高校の受験に塾は必要?市販問題集で高校受験を乗り切るための知恵ブログ

【高校受験】中学の内申って何年生の成績が反映されるの!?~都道府県別の内申事情まとめ~

内申

公立高校受験と切っても切れない「内申」。

何年生の成績が対象なの?

内申と入試の点数との比率は?

内申の扱いは,都道府県によって大きくことなりますので,中学生になったらできるだけ早く確認しておきましょう!!

f:id:withoutjuku:20170218064820p:plain

都道府県別内申の扱い一覧

【平成30年度(2018年)各都道府県公立高校入試・内申の扱い】(一般選抜)

都道府県 内申の対象となる学年 詳細
北海道 中学3年間 中1,2の成績(9教科の5段階評定)×2+中三の成績×3
(315点満点)
青森県 中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)
岩手県 中学3年間 5教科:中1×2+中2×4+中3×6;
実技4教科:中1×3+中2×6+中3×9
合計×2/3(440点満点)
宮城県 中学3年間 前期:各学年の3教科(国数英)の5段階評定+それ以外
の6教科の5段階評定×2(225点満点)
後期:各学年の5教科の5段階評定+実技4教科の5段階評定×2(195点満点)
秋田県 中3のみ 5教科の5段階評定+実技4教科の5段階評価×2(65点
満点)
山形県    中3のみ 9教科の5段階評定(45点満点)。ただし,中1,2の評定も
選抜の際に考慮される。
福島県 中学3年間 I期選抜:各学年の9教科の5段階評価(135点満点)
II期選抜:各学年の5教科+実技4教科×2(195点満点)
茨城県 中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)
栃木県 中学3年間 各学年の9教科の評定合計を点数化(500点満点)内申と
入試の点数の比率については,各学校が定める。
群馬県    中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)
埼玉県 中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)。学年
間の比率は学校ごとに定める。中3のみ2倍にする高校が多く,この場合180点満点。
千葉県 中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)
東京都     中3のみ 5教科の5段階評価+実技4教科の5段階評価×2
(65点満点)
神奈川県 中2,中3 2年生の9教科の5段階評定+
3年生の9教科の5段階評定×2(135点満点)
新潟県 中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)
富山県   中2,中3 2年生の9教科の5段階評定+
3年生の9教科の5段階評定×2+「特別活動等(15点満点)=150点満点
石川県   中学3年間 各学年の9教科の5段階評定を選抜の資料として用いる
福井県    中学3年間 合否判定では中3の評定が使用される。
山梨県    中学3年間 各学年の5教科の5段階評価×2+
実技4教科の5段階評価×3(330点満点)
※各高校により内申点の扱いが異なる
長野県 中学3年間 合否判定では中3の評定が使用される。
岐阜県    中学3年間 中1,2の成績(9教科の5段階評定)+中三の成績×2
(180点満点)
静岡県     中3のみ 中3の9教科の5段階評価
愛知県     中3のみ 中3の9教科の5段階評価×2(90点満点)
三重県      中学3年間 点数化の方法については,各学校により異なる。
滋賀県     中学3年間 学力検査と内申書の評価の比率は各学校により異なる。
京都府     中学3年間 各学年の5教科の5段階評価+
実技4教科×2(195点満点)
大阪府 中学3年間 中3の成績重視。中1:中2:中3=1:1:3の比率で換算
兵庫県     中学3年間 合否判定には中3の評点を使用。中3の5教科の評定×4
+実技4教科×7.5(250点満点)
奈良県     中2,中3 中2の5段階評価+中3の5段階評定×2(135点満点)。
高校により加重配点あり。
和歌山県    中学3年間 中1,中2の5段階評価+中3の5段階評定×2(180点満点)
鳥取県     中学3年間 合否の判定に使われるのは中3の成績。実技4教科は
2倍換算。高校により異なる倍率をかける。
島根県 中学3年間 中1,中2の5段階評価+中3の5段階評定×2(180点満点)
岡山県     中学3年間 中1の5段階評価+中2の5段階評価+
中3の5段階評価×2+実技4教科の5段階評価(200点満点)
広島県     中学3年間 各学年の5教科5段階評定+実技4教科5段階評定×2
×130/195(130点満点)
山口県     中学3年間 各学年の9教科5段階評定
徳島県     中学3年間 各学年の5教科5段階評定+実技4教科5段階評定×2
(195点満点)
香川県     中学3年間 中1,中2の5段階評価+中3の5教科5段階評定×2+
中3実技4教科5段階評価×4(220点満点)
愛媛県     中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)
高知県     中学3年間 中1,中2は5段階評定,中3は10段階評定。
全学年,実技4教科×2(260点満点)
福岡県     中学3年間 合否の判定に使われるのは中3の成績。(45点満点)
佐賀県     中学3年間 各学年の9教科5段階評定の合計
長崎県     中学3年間 各学年の9教科の5段階評定の合計(135点満点)
熊本県     中学3年間 中1,中2の9教科の5段階評定+中3の5段階評定×2
(180点満点)
大分県     中学3年間 中1,中2の9教科の5段階評定+中3の5科目の5段階評定×2+中3の実技4教科の5段階評定×6倍
(210点満点)
宮崎県     中学3年間 各学年の9教科5段階評定
鹿児島県   中学3年間 合否の判断に使われるのは中3の9教科5段階評定のみ。
5教科×2+実技4教科×20(450点満点)
沖縄県     中学3年間 各学年の9教科の5段階評定。実技4教科は1.5倍。
(165点満点)

 全国的に,中1の成績も内申の対象になる!!

中3のみが内申の対象となる都道府県はわずかで,ほとんどの都道府県では中1の成績から内申の対象となります

 

つまり,中学に入学するとすぐに,定期テストや提出物,授業態度の一つ一つが,3年後の高校受験に影響してくるのです。入学当初は受験なんて先の話だ,と思うかもしれませんが,内申点は最後に非常にきいてきます!!

 

入試当日の点数が同じでも,内申が足りなければ不合格・・・なんてこともありますし,少々当日の点数に不安があっても,内申がしっかりしていれば,安心して入試に臨むこともできます。