塾なし受験道~偏差値72の公立高校合格!!~

公立高校の受験に塾は必要?市販問題集で高校受験を乗り切るための知恵ブログ

子供・中学生用スマホなら断然コレ!!時間の制限や位置確認,ルール設定もこなす万能アプリ!!

新学期を前に,子供に初めてスマホを買い与えようかどうか考えているご家庭もたくさんあるのではないでしょうか。「スマホを買ったら子供の成績が落ちるんじゃないか?」「スマホを無制限に使うのではないか?」「スマホを介してトラブルに巻き込まれるんじゃないか?」「依存症にならないか?」等,親として心配は尽きません。

 

我が家も子供に初めてスマホを与えるときには,躊躇しました。連絡専用だった携帯とは違い,スマホには無限の可能性があり,親の不安も無限でした。そこで,子供に最適なフィルタリングをくまなく調べ,ようやく子供が安全にスマホを使うのを助けてくれる,万能のアプリを見つけましたのでご紹介します!!

 

f:id:withoutjuku:20170322080013j:スマホ:plain

 

子供が安全にスマホを使うための最適アプリ

子供がスマホを使う,というとき,いくつかの不安が生じます。

  • 子供が時間制限を守らない
  • 有害コンテンツなどにアクセスしてしまう
  • 課金してしまう
  • 子供がスマホで何をしているかが分からない

もちろん,子供がスマホを使うときには,一日に使える時間やしてはいけない行為などを子供と約束をします。けれど,スマホの影響力は非常に強く,その約束を守れる子供は非常に少ないでしょう。そして,守れないのが自然です。なにせ,スマホのコンテンツは,利用者の関心を引くためにその道のプロがあらゆる手を使って構築されているのですから,未熟な子供が簡単に約束を破って惹かれるのは当然といえば当然なのです。

 

子供,とくに中学生は,いったん手にした自由を奪われると,大きな怒りを感じるものです。それもごく自然です。ですから,スマホを与える前に,ルールをしっかりと決め,それを子供が守れるようなシステムを作っておくことが大切です。

 

我が家の子供に初めてスマホを与える際,ありとあらゆるフィルタリングや時間制限のできるアプリやソフトを探し回りましたが,わたしの希望をかなえてくれそうなアプリは一つしか見つかりませんでした。以来,2年間使い続けていますが,子供のスマホの問題でストレスを感じたことは一度もありません。実によくできたアプリです。

 

前置きが長くなりましたが,そのアプリの名前はーー

 

Mobile Fence(モバイルフェンス)です。

このアプリがいかに優れものか,以下にご紹介いたします。悩めるご両親にお役に立てれば幸いです。

時間制限

子供が時間制限を守らない,というのは親がスマホ関連でもっとも苦労する点ではないでしょうか。モバイルフェンスを使うと,次の時間制限が可能です。

1日最大使用時間制限

「1日1時間」と決めたとすると,利用時間が1時間を超えると,スマホを使えなくなります。ただし,電話やメールなどはいつでも使えるように設定することもできますし,それぞれのアプリの制限時間を決めることもできます。

 

例えば,電話はいつでも使えるけれども,ラインは一日に30分まで,ゲームも30分まで,などの詳細設定が可能です。

 

また,モバイルフェンスの有能なところは,曜日によって制限時間を変えられるということです。平日は30分しかゲームをしないように設定して,週末は2時間に設定することもできます。

使用を制限する時間帯の指定

時間数に加え,使用する時間帯も指定できます。これも曜日ごとに設定できるため,「平日の夜10時から朝6時までは使用制限をかけるけれども,週末は夜の12時まで使えるようにする」などの詳細設定が可能です。

有害コンテンツへのアクセスを防止する

子供が有害なコンテンツにアクセスしないかどうかも心配の種になりますが,モバイルフェンスはその解決にも効果的です。

 

モバイルフェンスは有害サイトをデータベース化しており,そのような有害サイトへの接続を制限することができますし,保護者が特定のサイトをブロック/許可することもできます。また,子供がスマホから接続しようとしているサイトの一覧を把握することもできます。

 

また,そもそもインターネットへの接続そのものをさせたくない場合は,ブラウザブロックをすることができます。

子供のスマホ活動を把握する

子供がスマホを使って何をしているのか分からない,というのも親にとっては不安の材料になります。モバイルフェンスは子供のスマホ活動報告の点でも非常に優れています。

  • スマホの使用時間
  • アプリごとの使用時間
  • メールや電話の相手と使用時間
  • 保護者があらかじめ登録した危険文字列の入ったメッセージを子供が受け取った場合,ただちに保護者に報告される。いじめ等の防止

 

位置追跡・確認

これは,むしろスマホがあってありがたい機能です。子供が塾に着いたかどうか,子供が今どこにいるのか,リアルタイムで確認できますし,過去にどの時間にどこにいたかの履歴も把握できます。

 

このように,モバイルフェンスがほかのフィルタリングシステムとは一線を画している最大の理由は,詳細設定ができる点になります。詳細設定ができることは,子供の不満を解消するうえでも有効です。子供と話し合いながら,子供の意見に最大限そいながら安全に使えるような設定ができるからです。

Mobile Fence(モバイルフェンス)を利用するには

モバイルフェンスは非常にすぐれたアプリですが,ihponeでは使えません。モバイルフェンスを使うなら,というか,子供が安全にスマホを使えることを真剣に考えるならば,Android一択です。iphoneは子供の安全なスマホ利用という点で遅れていると感じます。

 

また,モバイルフェンスは有料です。1年あたり30ドルほどです。スマホを3台登録できます。無料でお試ししてから,お使いになることをお勧めします。

 

親子関係を悪くせずにスマホを賢く安全に利用できるようになること間違いなしです!!